手軽に受けることが出来る整形手術が人気になっています

医師に聞きたいポイント

看護師

ヒアルロン酸注入法が人気の理由

美容整形にはメスを使う手術とメスを使わないプチ整形の2種類がありますが、仙台の美容外科クリニックで人気なのはプチ整形です。特に顔の美容整形を受けたいという場合、傷跡が残るリスクが少ないことからプチ整形を選ぶ患者さんが多い傾向にあります。仙台の美容外科クリニックでも顔へのプチ整形はポピュラーに行われており、中でも「ヒアルロン酸注入法」は様々な悩みを解消できるので、性別・年齢問わず患者さんが多いプチ整形です。プチ整形はメスを使わないということもあり、どこのクリニックで施術を受けてもさほど差は無いのではと感じてしまいますが、これは間違いです。ヒアルロン酸注入法は施術を行う医師の技術や知識によって、仕上がりが大きく変わるだけでなく失敗のリスクも変わってくると言われています。安心して任せられる医師かどうかを判断するため、クリニックでカウンセリングを受けたとき、このポイントを医師に聞いてみてください。万が一ヒアルロン酸が血管の中に詰まったら、どう対処してくれるかと、術後に起こりうるリスクを聞いてみましょう。このような質問をしても「今まで失敗したことはありません」など、しっかりと答えを出してくれないクリニックは避けた方が良いと言われています。ヒアルロン酸注入法では合併症として血管が詰まることがあり、この症状が出てしまった場合は速やかにヒアルロン酸を溶かす必要があるのです。信頼できる医師であれば「血管が詰まった場合はヒアルロニダーゼという薬でヒアルロン酸を溶かし、血管を広げる治療などを行います」と対処法を説明してくれます。合併症があることを隠さず、さらに万が一起こってしまったときも、どのような治療を行うか説明できるクリニックであれば、安心して施術を受けられるでしょう。

美容整形は術後に長い期間、腫れや痛みなどのダウンタイムが続くというイメージがありますが、このような症状が長引くのはメスを使う美容整形であるケースが大半です。ダウンタイム期間が短い美容整形をと希望する患者さんが多い仙台では、メスを使わないプチ整形への注目が高まっています。特にヒアルロン酸注入法は注射器でヒアルロン酸を注入するだけで、様々な悩みを解消できるとして人気です。ただ、注射を使う施術法ということもあり場合によっては術後に、内出血の症状が出てしまうケースもあります。予防接種などの注射を受けた後に注射針を刺した部分にあざのような内出血が出ることもありますが、ヒアルロン酸注入でもそれと同じことが起こるのです。もし内出血が起こったとしても1週間から2週間ほどすると自然と消えていきますし、コンシーラーやファンデーションでカバーすることもできます。できるだけ内出血のリスクを抑えた施術を受けたい場合は、ヒアルロン酸注入に使用する注射針がどのようなものかを医師に聞いてみましょう。患者さんの負担が少ない方法でヒアルロン酸注入法を行っているクリニックの場合、先端が丸く加工されている注射針を使用しています。このようなタイプの注射針は血管や神経を傷つけにくいので、術後の内出血だけでなく腫れや痛みも抑えられるようです。ヒアルロン酸注入法は術後の腫れや痛みが出にくいプチ整形ではあるものの、より負担が少ない方法で施術を受けたい場合は、注射針にも気を配っているクリニックを選ぶと良いでしょう。仙台市内の美容外科クリニックでもヒアルロン酸注入を行う際、先端が丸くなっている注射針を使用している所があるようです。

Copyright© 2020 手軽に受けることが出来る整形手術が人気になっています All Rights Reserved.